女性にNOと言わせない 初デートの誘い方3つのポイント

NOと言わせない 初デートの誘い方3つのポイント

女性,生理,悩み,デート,友達,ポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

女性と、ある程度の親密度が築けた後は、

 

 

なんとかデートに誘いたいのは当然です。

 

 

しかし、こんなデータがあります。

 

 

女性をデートに誘ってOKの返事をもらう確率は、ある統計によれば、たったの10%だそうです。

 

 

「今度の土曜日って時間ある? おいしいイタリアンレストラン見つけたんだけど行かない?」

 

 

などと誘うのはNGです。

 

 

しかし、それを90%に高める方法があります。

 

 

このレポートに書いてある3つのポイントに配慮すれば、

 

 

NOと言われる確率は格段に下がります。


女性にNOと言わせない3つのポイントとは!?

結論から先にお教えします。

 

 

女性を誘う際に、以下の3つに配慮すれば、

 

 

NOと言われる確率は格段に下がります。

 

 

□ デートではない理由で誘う

 

□ 理由には相手を限定し、緊急性と重要性と限定性を加える
□ NOと言わせない誘い方

 

 

ではひとつずつ具体的に解説していきますね。

 

 

■ポイントその1 デートではない理由で誘い出す

 

 

『デート』と聞いたとき心の中に抱くイメージというと、結構重いです。

 

 

デートに誘う…と考えると貴方は緊張するでしょう。

 

 

女性,生理,悩み,デート,友達,ポイント

相手の女性も、デートに誘われた…と思ったら、警戒心や、緊張を覚えます。

 

 

警戒心や緊張は、女性の心理をNOの方へ大きく傾けてしまいます。

 

 

これでは誘っても心地よくYESをもらえません。

 

 

つまり、NOと言われないためには、相手にデートであるという認識を持たせないことがとても重要です。

 

 

「デートじゃないんだけど、少しの間だけ付き合って欲しいことがあるんだ。」 という誘い方がベストです。

 

 

その際、相手に不信感を抱かせず、 誘われることを納得させられる理由をつけることです。

 

次のようにです。

 

 

 

『俺の友達で好きな女の子がいて悩んでいる奴がいるんだけど、 その子が君と同じ位の年代でさあ。 そいつが誕生日プレゼントを贈りたいけど何がいいか相談されちゃってさ。 俺、全然疎いんだよね。 本当に少しの時間で構わないから、ちょっとだけ意見をもらえない? 周りに聞ける人がいなくて。』

 

という設定で理由付けをします。

 

□ 周りに聞ける人がいない

 

□ 単にアドバイスするだけ等の簡単な内容

 

□ 短時間で済むイメージ

 

 

 

上記のことを配慮してご自分なりに理由付けを考えてみてください。

 

 

さて、次は、

 

 

理由の具体例を示しながら、 2つ目のポイントを解説していきます。

 

 

■ポイントその2 理由には相手を限定し、緊急性と重要性を加える

 

 

理由付けに際して、いくつかの条件を盛り込むことで、

 

 

女性,生理,悩み,デート,友達,ポイント

さらに女性がNOと言いにくくさせることができます。

 

 

それは……、

 

「あなたじゃないとダメ」 と、相手をターゲットの女性に限定することと、

 

「どうしてもやらなくちゃいけない用件」 という重要性、さらに、

 

「急いでやらないといけないこと」 という緊急性です。

 

 

 

 

健康関連リンク

ネットで今話題の勃起サプリメント「シトルリンDX」の口コミを徹底調査。他のサプリで満足しきれなかったユーザー9割以上が納得した理由などを公開!

 

 

肥後すっぽんもろみ酢は、美容に健康、ダイエットなどにとても評判が高いすっぽんサプリ!そのワケとは?

 

 

美容のプロのお墨付きであるドクターリセラの「透輝の滴」の口コミ、効果を検証してみました!

 

 

血糖値を下げる方法の2大要素とは、ズバリ食事と運動!?是非、一度お試しください

 

 

肥後すっぽんもろみ酢の効果とは? ダイエットサポートはもちろんのこと、健康や美容もサポートしてしてくれる、今話題のダイエットサプリ!

 

 

美肌、美容に効果アリ?ココナッツオイルサプリを取り入れて健康な毎日を送りましょう!

2015/11/27 16:52:27 |
その「受精卵のベッド」のような役割を持っているのが子宮内膜で、 血管や分泌腺などからできています。月経の周期の間、受精に備えて子宮内膜が厚くなり、受精が起こらなかったら、その組織が体の外へ出ていきます。こうして出血しながら子宮内膜が出ていくのが生理です。こうして約 1 か月ごとに新しい子宮内膜を作り、受精に備えるのが女性の体の仕組みなのです。ですから、いくら痛みを伴うからといってないのも困ります。では、個人差もあるけれどもつらい生理痛を簡単に軽減・解消する方法で、 うまく生理痛と付き合っていきましょう。手軽な方法、多くの女性のクチコミ情報など、生理痛対策はたくさんあります。その中で、私がお勧め...
2015/11/27 16:49:27 |
その一方、少しだけ痛みがあるけれども、通常の生活に支障はないというレベルの女性もいるのです。重い生理痛に悩まされる人は「生理なんて来なければいいのに」と考える人さえいます。しかし、生理は、女性の健康と密接に関わっている、重要なものです。生理は、女性の体に妊娠・出産のためのはたらきができてくる 12〜13 歳くらいの時期に始まるのが平均的です。そして、これも平均して 50 代くらいの時期に「閉経」します。この間、数十年に渡って、毎月のように生理になるのが女性の体です。1 回の生理は 3 回間から 7 回間くらいに渡ります。出血は、子宮にある「子宮内膜」が体から排出されることで起こります。人の子供...
2015/11/27 12:16:27 |
女性の体で特徴的なのは、やはり、子供を産む、ということに対して体が作られているところですね。だから、いわゆる「婦人科系」と呼ばれるような体の悩みなどは、多くあります。女性が悩むこととして、非常に多く寄せられる「生理痛」も、婦人科系の悩みですね。生理、つまり月経は、人が子供を産み、栄えていくための体の営みとして、とても重要です。平均して約 1 か月に 1 度くらいの周期で、女性の「子宮」から出血があり、その際に痛みを伴うのが生理痛です。痛みには個人差があります。生理が始まると、一切、動けなくなり、何回も寝て過ごさなければならないほどの痛みを経験している女性もいます。腹部の痛みだけでなく、頭痛や腰...